なぜ似た者同士が集まり、引き寄せあうのか

この世とあの世

なぜ似た者同士が集まり、引き寄せあうのか

「なんとなくあの人とは気が合う」
「この人とは波長が合うような気がする」
「どういうわけか、この人といると居心地がいい」

そんなふうに感じることはありませんか。「類は友を呼ぶ」とも言われますが、自分と似たような人が自然と周りに集まることがあります。同じような思いを持っている人同士が、自然と引き寄せ合うのです。

なぜ、そのようなことが起きるのでしょうか。

人は目には見えない「電波」を発している

「人間というのは電波である」とも言われます。私たちが日ごろ思っていることや感じていることは、目には見えないエネルギーとして発信されているのです。

たとえば、人込みにいると、とても疲れてしまうという人がいますけれども、そういう人は人込みの中で多くの人が発している目には見えないエネルギーを受けて疲れてしまうのです。

また、テレビやラジオでは、放送局が発している電波を受信して番組を見たり聞いたりしているわけですけれども、その電波も目には見えずとも確かに存在していて、その周波数の違いによって異なる局のテレビ番組を見たり、ラジオ番組を聞いたりすることができるようになっています。

それと同じように私たちの思いも肉体の目には見えませんが、電波のように飛び回っているのです。そして、同じような思いを発している人同士が互いに引き寄せ合っているわけですけれども、それは同じようなエネルギーが引き寄せ合う「波長同通の法則」によるものです。

この法則のもとで、似たようなエネルギーは引き寄せ合い、大きくなりますが、反対のエネルギーは反発し合って打ち消し合うことになります。「なんとなくこの人とは波長が合わない」と感じることもあると思いますが、その場合はやはりお互いに離れていってしまうということがあるわけです。

「波長同通の法則」で貫かれている世界

この世界というのは「波長同通の法則」で貫かれている世界です。自分が心に持っている思いによって自分の周りに展開してくる世界は変わってきます。

まさに「人は合わせ鏡」と言う通り、もし今、「自分の周りには嫌な人ばかりしかいない」と感じるのであれば、自分も同じように嫌な人である可能性が高いということです。

逆に「素晴らしい人ばかりである」と感じるのであれば、自分もその人たちと同じように素晴らしい人である可能性が高いということです。

「波長同通の法則」は「引き寄せの法則」とも言われます。自分の心の思いが、それに通じるものを磁石のように引き寄せているのです。

あの世では心の中を隠すことはできない

「波長同通の法則」はこの世だけではなく、あの世も含めて働いているものです。

あの世の世界では私たちは物質的な肉体を持っていませんので、心の中がむき出しになって存在しているようなものです。この世では他人が心の中でどのようなことを考えているかはなかなか分からないかもしれませんが、あの世ではそうもいかず、自分の心の中の思いを隠すことはできません。

自分と同じような思いを持った人たちが集まって暮らしているのがあの世と言われる世界であり、あの世では自分の周りには自分と似たような思いを持った人しかいません。思いの世界なので、この世以上に「波長同通の法則」が鮮明になっているとも言えるかもしれません。

心の思いを変えれば人生は変わる

私たちが普段心の中で思っていることは目には見えないエネルギーとして発信されています。そして、そのエネルギーに同調、同通するものが互いに引き寄せ合っているのです。そして「類は友を呼ぶ」という言葉通り、似ている人たちが集まるということにつながるのです。

そのような法則を知れば、いくらでも人生を変えていくことも可能です。それは外側の世界を変えようとするのではなく、自分の内側を変えることで周りの世界も変わっていくということです。心の思いを変えれば人生で起きることのすべてが変わっていきます。

もし今、あなたが辛い人生を歩んでいたとしても、心を変え、心の思いの力を信じることで光り輝く素晴らしい人生に変えていけます。それは難しいことではなくて、どんな人でも、誰でも今日からできることなのです。

タイトルとURLをコピーしました