piarocky

神の子

最も懐の大きな存在

それぞれの人の違いや個性を受け入れるのは簡単なことではありませんよね。 自分と異なる人の考えや個性を認めるのは自分を否定することにつながるように感じると...
幸せになる生き方

Be Positive

何事もすべてを前向きに、ポジティブに捉えていくとき、そこに恐れや不安が入り込む隙はありません。 たとえば、まだ経験したことのないような新たな挑戦をすると...
魂の個性

個性の発見、愛の彩り

「自分らしさ」というのは魂の個性に由来するものです。自分がどのような魂としてつくられているのか。そのことに気づいていくことが自分らしさの発見です。 自分...
幸せになる生き方

不平不満を口にすると幸せが逃げていく

ややもすると、私たちの口から出るのは不平不満が多くて愚痴や文句などを言いがちです。 もし目に見えるように視覚化すれば、それらの思いや言葉は薄黒いスモッグ...

美は愛の表現形

美しさとは、外側だけをどれだけ飾ったり、いじったりしても表れないものです。見た目を一生懸命に整えることで、一見すると綺麗に見えたとしても、それは本当の意味での...
神の子

宇宙の神との結びつき

私たちはこの世界にバラバラに放り出されて、無意味に、無価値に生きているように思う人もいるかもしれませんけれども、本当はそんなことはなくて、誰もがこの宇宙の神に...
永遠の魂

私たちは本来何者なのか

人間が本来どのような存在なのかということは、私たちは学校でも習ってきませんでしたし、大人から教えてもらうこともないまま大きくなるのが一般的だと思います。 ...
永遠の魂

地上での今回の人生もやがては一つの思い出になる

私たちは肉体を持って生きている限り、手で触れるものや目に見えるものに意識が向きがちで、物質的なものにとらわれがちなのは、ある意味で仕方がないところもありますけ...

感謝の思い、湧きますか?

感謝の思いはとても大事だと言われることが多いと思いますけれども、人によっては感謝など全く感じることがないという人もいるかもしれません。 私自身もそうでし...
愛の実践

最も価値あるものは愛

お金や地位より価値があるもの 私たちにとって本当に価値のあるものは何でしょう? それは「お金」だと考えている人もいるかもしれません。お金をたくさん...
幸せになる生き方

ギブアンドギブ

「ギブアンドテイク」というと、持ちつ持たれつの公平な関係のようにも聞こえますけれども、ややもすると、与えた側は相手からのテイクを期待して、「これだけ与えたのだ...
人生の悩み

ハートに刺さった憎しみや恨みのピン

何十年も生きていれば、決して許せないという相手が誰にでも何人かはいるかもしれません。 その人のことや当時のことを思い返すと、心がムカムカしたり、平静を保...
人生の悩み

不調やスランプのときこそ、魂にとって大きな学びのチャンス

織物の綾のように描かれる人生の好不調 人生には好不調の波があって、非常に調子が良く、やることなすことすべてが上手くいくという好調の時期もあれば、何をやっ...
大宇宙

合唱曲「COSMOS」

合唱曲「COSMOS」 「COSMOS」という合唱曲がありまして、私は大人になってから知った曲なのですが、大好きで今でもよく聞いています。 cos...
神の子

教育の土台は神の子であるという信仰心から

学力や学歴という一つの方向性に縛られてしまう子どもたち 学生時代やその後も含めて、私は家庭教師や塾講師などをしていたことがありまして、子どもたちに勉強を...
神の子

学問とは神の叡知を探究するもの

知性の時代と言われる中で 現代は「知性の時代」とも言われ、「知」がもてはやされることもありますけれども、この世的な地上における知は人間が勝手に作り出した...
人生の悩み

病の苦しみとありがたみ

病になるにはそれだけの原因がある 人が生きている限り、避けて通るのが難しいものの一つが「病」というものではないでしょうか。 それは風邪のような軽い...
永遠の魂

魂の進化の方向性

霊的な進化を果たすために 私たちは誰もが霊的な存在なので、進化というのは歴史的に、肉体的な物差しで人間がどう進化してきたかということではなくて、霊的にど...
男女

男女の根源的な役割

男女のエネルギーの根源的な役割の違い 男女の違いというのは、肉体的な器官としてのそれぞれの役割の違いもありますけれども、根源的に男性のエネルギーと女性の...
神の子

善とは神の思いに沿って生きること

善は神の思いにかなっているかどうかという一点に尽きる 「善」というのは正しいことや道徳にかなっていることと言われますが、その判断基準はどこにあるのでしょ...
タイトルとURLをコピーしました