あの世

永遠の魂

精神的な目覚めの機会はすべての人に用意されている

私たちは本質的に何者なのか 人間の最も大きな幸福感の一つは、自分という存在が本質的に何者であるかに気づいたときに生まれるのではないでしょうか。 そ...
永遠の魂

勝五郎の生まれ変わりの話

前世を覚えている子ども 私たちは生まれる前のことやあの世の世界のことは覚えていないのが一般的で、人間には前世や過去世があると言われても信じられないという...
永遠の魂

地上での今回の人生もやがては一つの思い出になる

私たちは肉体を持って生きている限り、手で触れるものや目に見えるものに意識が向きがちで、物質的なものにとらわれがちなのは、ある意味で仕方がないところもありますけ...
この世とあの世

神の子に与えられたギフト

私たちは今回の人生で上手くいかないことや失敗してしまうこともあるかもしれません。こんな人生はダメだと思うようなこともあるかもしれません。 しかし、もしそ...
この世とあの世

あの世に持って帰れるもの

この世で肉体をまとって生きる時間はたった数十年に過ぎません。人生色々あったとしても、終わってみれば本当にあっという間です。 その時が来たらこの世に執着せ...
この世とあの世

九次元、救世主の世界

地上に法を降ろし、救世主としての役割を果たす あの世の九次元と呼ばれる世界は救世主の方々が住んでいる世界です。 地球には十名の九次元霊がいらっしゃ...
芸術

色の天使たちの働きかけ

色の天使たちの働きかけ 美というものを司る天使たちがあの世に存在していて、その中でそれぞれの色を担当している「色の天使」と呼ばれる人たちがいらっしゃいま...
この世とあの世

『プルーフ・オブ・ヘブン』〜臨死体験で見てきた死後の世界〜

エベン・アレグザンダー医師が見た死後の世界 ブログ読者の方から教えていただいたエベン・アレグザンダーという医師がアメリカにいらっしゃいます。 その...
永遠の魂

『ようこそ亡霊葬儀屋さん』〜死者と生者を結ぶ人〜

幽霊と生者をつなぐ葬儀屋さん 『ようこそ亡霊葬儀屋さん』という、幽霊が見える葬儀屋さんが主人公のマンガを読みました。 「死は常に貴方の隣にいる 悔...
永遠の魂

死は無になり消えてしまうような怖いことではない

人は死んだら無になって終わる? 「人は死んだら無になる」、「存在が消えてなくなる」と思っている人もいるかもしれませんけれども、本当はそんなことはなくて、...
永遠の魂

魂は何層にも多重構造になっている

魂は何層にも多重構造になっている 魂というものは、どのような構造になっているのでしょうか。 私たちの肉体の中には魂が宿っていますが、実は魂というの...
人生の悩み

死別の悲しみを生きるエネルギーに変えて

死別の悲しみを生きるエネルギーに変えて 大切な人を亡くした悲しみというものは簡単には癒えないかもしれません。 一緒に過ごした日々の思い出が蘇ってき...
この世とあの世

睡眠は魂のエネルギーチャージ

睡眠は魂のエネルギーチャージ 睡眠というのは、肉体を休ませて回復させるためにあると思っている人も多いかと思います。 実際のところは、肉体だけではな...
永遠の魂

3.11が教えてくれたこと

3.11が教えてくれたこと 3.11から十年が経ちました。 あの日から、まだ癒えない悲しみや苦しみを抱えている人もたくさんいると思います。 ...
人生の悩み

死別の悲しみを乗り越えて

死別の悲しみを乗り越えて 死別の別れは本当に辛いものです。 その人を失った悲しみはそう簡単には癒えず、生きていく希望を見失い、抜け殻のようになって...
この世とあの世

前世、今世、そして来世へ

前世、今世、そして来世へ 飯田史彦さんが書かれている『生きがいの創造』(PHP文庫)の中で、トロント大学の医学部精神科の主任教授であるジョエル・L・ホイ...
地球

アセンションと肉体の変化

アセンションと肉体の変化 「アセンション」ということがスピリチュアルの世界でよく言われていて、「次元上昇」とも訳されています。 その中で、アセンシ...
この世とあの世

結婚の約束

結婚の約束 私たちはあの世で人生の計画を立てて生まれてきますが、結婚についても同様です。 地上の人間にはやはり地上での自由意志があるので、計画通り...
Q&A

来世の人生目標

来世の人生目標はどのように決めるのか 質問:死んであの世に帰った後、来世における人生の目標はどのように決めるのでしょうか。次に生まれる国などは自由に選べ...
Q&A

死後の世界の次元構造

死後の世界はどのような次元構造になっているのか 質問: 死後の世界はどのような構造になっているのでしょうか。生前の家族などとは再会できるのでしょうか。 ...
タイトルとURLをコピーしました