自殺することは「逃げ」なのか

人生の悩み

自殺は「逃げ」なのか

なぜ自殺がいけないのか、その理由は色々と言われることがあるかもしれません。

自殺することが「逃げ」であると言われることもありますが、それは本当のことを知らない人が言うことで、ただ無知なだけであります。

自殺というのは、逃げなどではなくて、罪を犯すことに等しいのです。自殺をすれば、今以上の苦しみの中に頭から突っ込んでいくことになるのです。

死んだらすべてが終わるという間違った思い込み

自殺することがなぜ逃げだと思われるのでしょう? それは、死んだら何もかも終わりだという考えから出てくるものです。逃げだというとき、そこには辛さを放り出して楽になるという思いが透けて見えます。そこには「死んでしまえば無になるのだから、この苦しみもなくなって、すべてが清算されて楽になれる」という思い込みがあるのです。

「今の苦しみから逃れたい」と思って自殺する人が大半だと思いますけれども、それは明らかに間違った思い込みでしかありません。人は死ねばすべてが終わり、すべてがチャラになるような、そんな儚い存在ではないのです。

自殺をするために生まれてくる人は一人もいない

私たちは元々、この世に生まれてくるときに、今回の人生で何を学び、何を課題とするかということに基づいて、人生の計画というものを立ててきます。それを「青写真」とも言いますけれども、一人ひとりが自らどのような人生を送るのかという計画を立てて生まれてくるのです。

そのときに、自殺を計画して生まれてくる人は一人もおりません。自殺をするために生まれてくる人など一人もおりません。それなのに、なぜ自殺が起こるのか。それは、私たちには神から自由意志が与えられており、何を思うのも、何をするのも、本人の自由意志に任せられているからです。

自分がやったことの責任と償いは自らが引き受けることになる

しかし、ここで注意したいのは、自由意志には必ず責任が伴うということです。自分が思ったこと、やったことの責任は自分で引き受けなければいけません。それは当たり前のことであります。

たとえば、もし仮に、殺人を犯したらどうなるでしょう? 刑務所に入って、その責任を取っていかなければいけませんよね。「なぜ自分はあんなことをしてしまったのだろう。相手にも家族がいたかもしれない。自分に殺されなければ、もっと生きられたかもしれない。その人が持っていた多くの可能性というものをすべて奪ってしまった。本当に自分はなんてことをしてしまったんだろう。」

そんなふうに自分を責めさいなむ気持ちに押し潰されそうになりながら、自らのやったことを反省し、償いをしていくことになるのです。

自殺をすれば、地獄に行って今以上の苦しみを味わうことになる

自殺もそれと同じなのです。自殺というのは殺人と同じであります。それは各宗教でも言われている通りです。

殺人を犯した人が刑務所に行くように、自殺した人は死んだ後に地獄に行くことになるのです。そして、生きていたとき以上の苦しみを味わいながら、反省をしていくことになります。

そのようなことを知っていれば、自殺することが逃げなどではなく、むしろ余計に苦しみや辛さが増すだけなんだということが分かるはずなのです。

命は永遠であり、人は自分自身から逃げることはできない

人は死んで終わりなどではありません。死んだ後も命は続いていくのであり、魂というのは永遠に生き通しであって、人間は自分自身から逃げることなどできないのです。

苦しみから逃げようとすればするほど、それは追いかけてくるのです。逃げるのではなく、ガチッと向き合ってしまえばよいのです。そのとき、苦しみは苦しみではなく、いつの間にか魂の糧となって、消化されていくものなのです。

タイトルとURLをコピーしました