「今」という時代認識

地球

「今」という時代が私たちにとってどのような意味を持っているか。

それは一言で言うならば、価値観の大転換の時代を生きているということです。

これまで当たり前であり、それが最善だと思われていたようなものがガラガラと音を立てて崩れていく時代。

それは人々の価値観はもちろん、社会の構造や仕組みというものもこれから大きく変わっていくということです。

その最も根幹であり土台となるのは、精神的な心の革命であり、霊性の目覚めです

そのような霊性の目覚めの波というものが地球規模で起きてくる時代。

もうすでに起き始めている時代。

それが今という時代です。

霊性の目覚めというのは、私たちが霊的な存在であることに気づいていくこと、自覚していくということです。

それは本来、自分たちが何者であり、どのような存在であるのかを思い出していくことでもあります。

それは私たちが神の子であるということ。

大宇宙の神の一部として、神の表れとして私たちは存在しているということ。

大宇宙を創造された愛のエネルギーそのものである神のエネルギーを引いている存在であるということ。

心を通して一人ひとりが根源の神とつながっており、他の神の子たちとも愛で一つにつながっています。

その自覚を持ち、神より与えられている創造力をもって地球を愛の星にしていく。

その始まりの時代を生きているのが今の私たちです。

すべてのものが地球規模で愛で一色に染め上げられていく始まりの時代を生きているのが今の私たちです。

▼「「今」という大転換の時代」の音声配信はこちら

「今」という大転換の時代 - ヒカリのトビラジオ | stand.fm
今という時代は価値観の大転換の時であります。その土台は心の革命であり、精神革命です。それによって社会の構造や仕組みも大きく変わっていきます。今という時代が持つ意...

X(Twitter) piarocky1

Instagram piarocky1