地球

大宇宙

同質性から抜け出し、多様性の中から新たな進化、発展を

波長の似ている人たちが集まる 同じような波長を発している人たちが引き寄せ合って集まるのは、この大宇宙を貫いている法則が働いているからです。 「波長...
地球

地球が一つの閉じられた星だった時代はもう終わる

一つの閉じられた星だった時代はもう終わる これまで私たちはある意味で、地球という閉じられた惑星の中だけで生きてきました。地球の中でどこの国の人、どこに住...
宗教

宇宙の進化した星に「宗教」という言葉はない

「宗教」という言葉につきまとうネガティブなイメージ 「宗教」という言葉から私たち日本人の多くが連想するイメージは、「怪しい」とか「危険」とか「洗脳」とい...
地球

平和への道しるべ〜一人ひとりがつくる地球の未来〜

一人ひとりの普通の人の小さな声が世界を変える ロシアによるウクライナへの侵攻に対して世界中で「ノー!」という声が湧き上がっています。 今以上に世界...
神の子

無限大に広がる愛

たとえ自分の家族でなかったとしても 愛というと、自分の家族や恋人、友人などの身近な人がその対象として思い浮かぶかもしれません。 ところが、愛の範囲...
地球

テラとガイア

宇宙の各惑星には男性意識と女性意識がペアで宿っています。 惑星に宿る意識を「惑星意識」と言いますけれども、人格霊として九次元の修行が終わると、自分の魂の...
地球

地球にやって来たときの記憶

私たちが住んでいる地球は、他惑星からの魂の移住者をたくさん受け入れています。 魂の学びのための留学先として、地球は来る者拒まずの精神で宇宙から多種多様な...
宗教

正義という言葉の中に殺し合いという文字はない

正義という言葉の中に殺し合いという文字はない まだまだ世界の各地において、ニュースなどで見ることもありますが、私たちが知らないものも含めて、人々の争いや...
地球

地球人として宇宙の進化発展のために生きていく時代

地球人として宇宙の進化発展のために生きていく時代 もうすぐ、私たちが同じ地球という星に住んでいる地球人として、この宇宙の中で、宇宙の進化発展のために生き...
地球

生物の誕生

生物の誕生 地球に最初に誕生した生物は、地球内部のマグマが地上に吹き出すときにその中から生まれたと言われています。 そして、生物たちが海の中で増殖...
地球

アセンションと肉体の変化

アセンションと肉体の変化 「アセンション」ということがスピリチュアルの世界でよく言われていて、「次元上昇」とも訳されています。 その中で、アセンシ...
地球

地震の原因は人間の悪想念

地震の原因は人間の悪想念 あらゆることには、それを引き起こす原因があります。原因があって結果が起きるのは宇宙を貫く法則です。 地震も例外ではありま...
Q&A

地球シフトアップのタイミング

地球シフトアップのタイミング 質問:地球はいつ頃シフトアップするのでしょうか。また、シフトアップしていくためのタイムリミットというのはあるのでしょうか。...
地球

「風の時代」の訪れ

「風の時代」の訪れ 最近よく「風の時代」という言葉を見かけることが多くなりました。 西洋占星術では、2021年から「風の時代」になると言われている...
この世とあの世

あの世の次元【九次元とはどんな世界か?】

あの世の次元【九次元とはどんな世界か?】 誰もが死ねば帰っていく世界。それがいわゆるあの世と呼ばれる世界ですが、あの世というのは、心の段階に応じてそれぞ...
地球

小学校から中学校レベルの星へ

今の地球は宇宙では小学校レベルの惑星 私たちが生きているこの地球は、宇宙の中ではどのような段階にある星なのでしょうか。 この大宇宙には、地球よりも...
神は愛のエネルギー

大宇宙に広がる意識

大宇宙に広がる意識 以前、飛行機に乗っていたときに、窓から見える地球の陸地や海を目にして、地球という惑星の巨大さを感じたことがありました。「こんなにも地...
神は愛のエネルギー

愛の革命の時代

愛の革命の時代 私たちはなぜ生きているのでしょう? なぜ、今この時代を生きているのでしょう? それはただ一つのことに気付くためです。 ...
永遠の魂

人はどこから来てどこへ行くのか~宇宙を旅する永遠の旅人~

私たちは永遠の旅人 人間は神の子であり、永遠の命を持った「旅人」でもあります。 人間は惑星を越えて移動し、あるいっときの間、その惑星の環境において...
神の子

霊的覚醒の時代へ〜地球規模における神の子としての目覚め〜

人は潜在意識で一つにつながっている 私たちはそれぞれバラバラに生きているように見えて、潜在意識では一つにつながっております。 考えなどが異なるよう...
タイトルとURLをコピーしました