宇宙の進化した星に「宗教」という言葉はない

宗教

「宗教」という言葉につきまとうネガティブなイメージ

「宗教」という言葉から私たち日本人の多くが連想するイメージは、「怪しい」とか「危険」とか「洗脳」というような、そういうネガティブな印象が大半かと思います。何か盲信的な、ある種の危険性があるように捉えられているのが一般的なイメージですよね。

それは、これまで過去にも宗教団体が関わっている犯罪行為、事件が日本でもあったりしたことが要因ともなって、宗教と名のつくものに対する世間的な印象は、十把一絡げで「怪しい」、「危ない」というようなものになっているのではないでしょうか。

そのように、私たちは表面的な、印象的なものだけで捉えてしまいがちなところがあって、宗教とはそもそもなんぞやという根本から考えてみることがほとんどないと思うんですね。

宗教とは神の教えを通して人々を幸せに導くもの

宗教とはそもそも何なのでしょうか。

それは神の教えを通して人々を幸せに導くものです。神近き偉大な指導者が神の教えを説かれ、弟子たちがその教えを広げ、その教えに触れた人々を幸せに導いていくものです。

たとえば、キリスト教であれば、イエス・キリストが神の教えを説かれて、その周りにいた十二弟子と呼ばれる人たちがその教えを広める中で、それから二千年をかけて世界的な宗教になり、世界中の多くの人たちが救われているという事実がありますよね。

キリスト教の中にもカトリックであったり、プロテスタントであったりと、本来の姿に立ち返るべく、分派のようにいくつかに分かれているものもあるかもしれませんけれども、元々の発祥はイエス・キリストが説かれた神の愛の教えから始まっているものです。

それはキリスト教に限らず、イスラム教や仏教であっても同じです。教えを説かれる指導者の個性の違いはあったとしても、神の教えの様々な側面を伝えているものには違いありません。

そう考えてみると、ある意味で日本で新興宗教と呼ばれるようなものが本来の神の教えを伝え、人々を幸せに導いているものであるのかと言うと、もちろん一部そのようなものもありますが、大半はそうではないというのが現状かもしれません。

宇宙の進化した星では「宗教」という言葉はない

これが宇宙の中で、進化した他の星ではどうなのかというと、もうそこでは「宗教」という言葉はないのです。

それは神の教えがないとか、神に対する信仰心がないとか、そういうことでは全然なくて、神の教えがもう当然のこととして人々の意識にも価値観にも浸透しているのです。人々は呼吸をするたびに神を思い、神に感謝し、生活の中で神と共に生きるということが当たり前になっています。

そのような星の人々は、神とは宇宙の根源的な愛のエネルギーであり、宇宙に存在するあらゆる命を生かし、育んでいる愛の法則であるということを知っていて、自らも神から分かれた愛のエネルギーの一部であり、神の一部であるという認識の中で他の神の子たちの幸せのために愛をなすことを大きな喜びとして生きています。

そのような認識を持っている人たちは自分の星だけではなく、宇宙の他の星にまで行って、その星の進化のために自分たちが貢献できることで役立ちたいという愛の思いで、愛のおすそ分けのようなことをしているのです。

そのように、他惑星の進化成長のために母星を飛び出して活動している人たちは「スペースエンジェル」と呼ばれますけれども、その圧倒的な宇宙の神への信仰心と愛の深さでもって、一人ひとりが神の思いを直接感じ取り、神の愛があらゆるところに満ちている社会の中で生きています。

そのような段階になれば、もう宗教で説かれる教えが根付いているわけですから、そのようなものは必要がありませんよね。

そこでは今の地球でいう宗教の教えは人々にとっては当たり前になっていて、宇宙の中でさらに大きな深い愛を表現するためにどのように自分たちはさらなる進化を果たしていけるかという、神に向かう無限の進化のプロセスの中において、私たちよりも先を歩いている先輩たちと言ってもいいかもしれません。

自分たちの住む惑星を超えた宇宙視点の認識の中で

宇宙の神がどのような存在であり、私たち自身がどのような存在であるのか。

それは宇宙空間に出ていくことがまだ許されていない状況の中で、一つの星の中で閉じられて生きているときには、自分たちの住んでいる星を超えた宇宙視点の認識を持つことは普通は難しいものです。宇宙人はいるとか、いるわけがないとか、そのような幼い話に終始しがちな現状を見てもそうですよね。

そのような認識の中で、その時代に生きる人々が理解できるようなやり方で、様々な比喩を使ったり、奇跡的な現象を起こしたりしながら、神の存在を知らしめていくということに取り組んできたのがこれまでの宗教であるとも言えます。

しかし、私たちの地球も次のステップに上がる時期がもうやって来ています。地球においても宗教という言葉はいずれなくなり、宇宙の他の進化した星々の仲間入りをして、宇宙全体の進化発展に役立てるような星として羽ばたいていく。そのような時期を私たちは迎えているのです。

タイトルとURLをコピーしました