裁かない人に幸せがやってくる

裁かない人に幸せがやってくる

知らず知らずのうちに人を裁いていることはありませんか。

「あいつが悪いんだ」
「あいつのせいだ」
「あの人は自分よりも下だ」
「あの人にはこんな悪いところがある」

このような思いを持ち始めたら、幸せからは遠ざかっていると思ったほうがよいのです。なぜなら、これらは愛の方向とは反対の思いだからです。

裁きの思いが出てきてしまったら

幸せとは愛の方向に生きることです。
愛の方向とは、人を生かし、育み、赦すようになることです。分かち合うことでもあります。

しかしながら、人間生きている限り、裁きの思いがふと入り込んでくるものです。

自分の中にそのような裁きの思いが出てきたときには、まずは裁いている自分を受け入れること。裁いていることに気づき、自分自身を一度見つめ直すことです。

そして、裁いている思いを正すことです。

「あいつが悪いのではない。自分にも悪いところがあった」
「あいつのせいではない。自分に落ち度があった」
「あの人は下なのではない。自分よりも優れている点がたくさんある」
「あの人にはこんな良いところもある」

このようなことを続けていると、だんだん自分が裁いていることに気づきやすくなってきます。

慣れてきたら、裁きの思いを正すだけではなく、今度はプラスに転化していくこともできます。

「あの人の良さをどうしたら引き出せるだろうか」
「あの人の優れている点を生かすために、自分にはどんなことができるだろうか」
「あの人の足りない部分を自分が補おう」

このように良い方向へ、愛の方向へ思いを変えていくことが大切です。

人を裁くのは自己保身の表れ

裁くということは、自己保身の表れです。

自己保身とは、「自分は正しい」、「自分は間違っていない」と自分を守る気持ちです。

そのような気持ちがあるときは謙虚さがなくなっています。
「まだまだ自分にも学ぶべきことがある」と素直に自分の至らなさを受け入れることです。完璧な人など一人もいないのです、自分自身も含めて。

互いに生かし育み、赦し合いながら愛の方向に生きると、幸せがやってくるのです。

愛とは裁くことではなく赦すことについては、別の投稿でご紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました