地球のアセンションとは

地球

アセンションに必要な三つの条件

各惑星というものは、それぞれ魂の修行場として存在しています。この地球もそうであり、それぞれの星でどのような段階の修行場であるのか異なっております。

これからまさに地球も次の段階へと進んでいくステージに入ろうとしています。

みなさまは「アセンション」という言葉を聞いたことがありますでしょうか。

アセンションというのは「次元上昇」と言われますけれども、地球が次の次元に進化することです。

地球がアセンションを迎えるには、三つの条件が必要だと言われています。今回は地球のアセンションについてお話してみたいと思います。

一つ目は宇宙に霊的な追い風が吹く時期であること

アセンションの条件の一つ目は、「宇宙的な時期」というものです。

この宇宙の中で、霊的な進化をしやすい時期があり、それは水瓶座の時代と言われます。言ってみれば、宇宙の中に霊的進化の追い風が吹く時代なのです。

2000年を過ぎたあたりから、水瓶座の時代、アクエリアスの時代が始まっていると言われています。

二つ目は地球意識の思い

そして、二つ目の条件ですが、それは「地球意識の思い」です。

地球というのは、ただの岩の塊ではなく、その中に意識というものが宿っております。男性意識はテラ、女性意識はガイアと呼ばれます。テラとガイアが地球のアセンションを願っていることが必要です。

実は、この一つ目の霊的追い風が吹く時期と、二つ目の地球意識の願いというのはすでに条件を満たしている状況なのです。

最後の三つ目の条件をクリアできれば、地球はアセンションを迎えていけます。

三つ目は地球人の認識力が上がること

では、その最後の三つ目の条件とは何でしょうか。それは私たち「地球人の認識力」なのです。地球人類の認識が上がること。これが最後の条件になっています。

それでは、私たちがどのような認識を持つことができればよいと思われますか。

それは、私たちが神の子として、宇宙をつくられた愛のエネルギーである神の一部であること。そして、永遠の命を持つ魂として、この世とあの世を何度も生まれ変わり、転生輪廻を繰り返していること。

そのような認識を地球人類として持てたとき、三つ目の条件がクリアされることになるのです。

神の子としての創造原理を生かす

そのような認識力が出てきたとき、一人ひとりが神の子としての力に気づいていきます。アセンションというのは、棚ぼたのように、時期が来れば自動的に与えられるようなものではありません。

私たちが神の一部として、神の子としての創造原理を生かし、素晴らしい地球の未来を強く願い、行動していくことで変わっていくものなのです。

負の創造原理ではなく、明るい未来のほうへ、光に満ちた愛の星の方向へと思いを向けていく。そして、行動をしていく。神の子としての認識力に基づいた思いと行いの積み重ねによって成されていくものなのです。

宇宙文明の仲間入り

アセンションとは、別の言い方をするならば、一つの宇宙文明の仲間入りをするということです。宇宙には、地球よりも優れた文明を持ち、愛に満ち満ちた星がたくさんあります。

そのような星々においては、すでに自分たちが神の子であり、愛そのものであることは知っています。地球もそのような星々と協力して、宇宙の進化発展のためにお役に立てるような段階に入っていくことになるのです。

肉体の波動が軽やかになる

アセンションによって、私たち一人ひとりの肉体にも変化が起きると言われています。それは、肉体自体が今よりももっと軽やかな波動に変化することになるのです。

なぜなら、神の子としての意識に目覚めたとき、心の中には物質的なものに対する欲や執着がなくなっていくからです。自分自身が神の子であり、愛そのものであることを理解し尽くしたとき、肉体も余分なものをまとわなくなるのです。

次元上昇というのは、この世の世界がなくなるとか、この世が四次元以降の霊界のようになるわけではありません。物質の波動が軽くなるだけであって、物質自体がなくなるわけではありません。

あくまでも三次元の物質的な世界ではありますが、肉体も含めて軽やかになる。いわば、三次元と四次元の間になると言ってもよいかもしれません。

アセンションをすると五次元になると言われることもあるようですが、そうではありません。五次元はあの世の霊界でありますが、この世が霊界になるわけではないのです。

アセンションはその星の住人たちの手によって成し遂げられる

アセンションというのは、その星に住んでいる人たちの手によって成し遂げていくものです。

一人ひとりが神の子としての認識に目覚め、愛の星としての地球を強く願っていくこと。神の子のその創造力によって、成し遂げられるものなのです。

参考:

アマーリエ 「ガイアの祈り 光ある愛の星にアセンション」 徳間書店 

タイトルとURLをコピーしました