働くとは「はたがらくになる」ということ【本当の生きがいとは?】

幸せになる生き方

働くとは「はたがらくになる」ということ【本当の生きがいとは?】

なぜ人は働くのでしょうか?

働くとは「はたがらくになる」ということです。

傍(はた)が楽(らく)になるとは、つまり、自分の周りにいる人たちが楽になるということです。

自分が一生懸命仕事をすることで、周りの人たちが助かり、幸せになります。

実は、ここに働くことの楽しさ、喜びがあるんです。

それは働くことで、必ず誰かの役に立っているということです。

たとえば、電車の運転手さんは仕事をすることで多くの人たちの移動に貢献しています。

花屋さんは花を通してお客さんの気持ちをなごませることに貢献しています。

パン屋さんは人々の食欲を満たし、美味しさで舌を満足させます。

ただ単にお金を稼ぐために働いているという人もいるかもしれませんが、お金が稼げるのは誰かの役に立っているからです。役に立った分だけお金がぐるぐる回っているに過ぎません。

仕事をするという行為そのものが、必ず誰かの幸せにつながっているんです。

その誰かに思いをはせることができたとき、働くことの本当の喜びを味わえるのです。

タイトルとURLをコピーしました