魂の進化や成長が意味するものとは?|大宇宙のあらゆる星々が魂にとっての学びの場

永遠の魂

魂を成長させていく意味

私たちはなぜこの世に生まれてくるのでしょうか。

それは魂を成長させるためであり、より愛深い人になっていくために肉体に宿ってこの世で様々な経験を積んでいます。

では、魂を成長させていくとどうなるのか。

その目的とは何なのか。

そのように疑問に思う人もいるかもしれませんけれども、それはより多くの人たちを愛し、幸せにしていけるようになるために魂の成長はあるのだと私は思うのです。

先輩が後輩のサポートをするように

例えば、小学生のときに上級生が下級生の面倒を見てあげたり、教えてあげたりするようなことはよくありますよね。

上の学年の子どもたちにとってはすでに経験して当たり前のことであっても、入学したばかりの子どもたちにとっては初めてのことも多いですし、実際に分からないこともたくさんあるわけです。

そのときに先輩たちが助けてあげたり、サポートすることで、後輩たちはそれまでできなかったことができるようになり、そこに喜びが生まれます。

また、先輩たちにとっても誰かの役に立つことで喜びを感じられるわけです。

より多くの人々を愛し、幸せにしていけるようになるために

それと同じように、魂の成長にもやはり段階というものがあるのです。

先を進んでいる人もいれば、後ろを歩いている人もいて、みんながみんな一緒というわけではありません。

前を歩いている先輩が後ろを歩いている後輩を助けてあげたり、困っているのであれば相談に乗ってあげたりしながら、神の子としての本来の道を歩めるよう導いていく。

どんな魂であってもやはりそれぞれに課題があるわけですけれども、成長すればするほど愛が深くなり、その人の抱えている世界、魂の器というものが大きくなっていきます

それは魂が成長することでより多くの人たちの力になり、より多くの人たちを善導できるようになっていくということです。

別の惑星に移って新たな学びを得ること

私たちは永遠の時の中で魂としての成長や進化の過程を歩んでいて、それは神のもとへ帰っていく道でもあります。

それは地球の中だけでのことではありません。

地球での魂の学びを終えれば、また別の惑星に移っていくことになります。

その中で新たな環境において生まれ変わり、また別の進化の可能性というものを伸ばしていくことになるわけです。

宇宙の各惑星や各銀河での経験を通して

宇宙自体が神のお身体であるとも言われます。

それぞれの惑星や銀河には、宇宙の中でのそれぞれの役割や機能というものがあるのです。

宇宙の心臓部では愛をどのように新たに発信していくのかということを学んだり、頭では知性的なもの、目では視覚的なものや美的なものなど、そのような学びをしながら魂としての新たな進化の可能性、発展の道を歩んでいきます。

その意味で、魂の成長というものに限りはなく、無限に進化していくものなのです。

各惑星での様々な経験を通しながら、自らの個性を突き詰めていく中で、根源の神のもとへと帰っていく無限の進化を続けているのが私たちという存在なのです。