この世とは魂の修行をする世界

この世とあの世

この世とは魂の修行をする世界

なぜ私たちはこの世に生まれてくるのでしょう? 

それは多くの人が一度は考えたことがある疑問ではないでしょうか。

人が生まれてくる理由、それは一言で言えば、魂を成長させることです。

私たちは死ぬとあの世と呼ばれる世界へ帰っていきますが、そのとき、あの世に持って帰れるのは、この世で学んだことだけです。

お金や地位、名誉などといったものは、あの世には持って帰れません。それらは、死んでしまえば、儚く消え去ってしまうものです。

それらはこの世での生活というものを、ある意味で、楽にするものかもしれません。生きやすさというものを保証してくれるものかもしれません。

しかし、私たちはこの世で生きやすく、楽に生きるために生まれてきたわけではないのです。

この世で生きるには、食事もしなければいけませんし、睡眠もとらなければなりません。あの世にいれば、そんな必要もないのです。それなのに、私たちはなぜ、わざわざこの世に生まれてくるのでしょうか。

それは、この世でどれだけ愛の思いで生きることができるかを試しているのです。

私たちが学んでいるのは、愛とは何であり、どれだけ愛を表現して生きることができるか。周りの人にやさしくできるか。お互いに助け合えるか。笑顔で人に接することができるか。人を赦すことができるか。

そのような愛を実際になせるかどうか。この世に生まれてきた意味とは、実はそのことに尽きているのです。

魂の成長というのは、この世に生まれて実際にどのように愛をなすことができたか。それを通して、魂の器が大きくなっていきます。

魂の器が大きくなれば、それはより多くの人々を愛することができるようになっていくということでもあります。

この世での経験はすべて魂の糧になり、無駄になることは一つもない

この宇宙には、「波長同通の法則」というものがあります。

似たような波長のものは引き寄せ合い、増幅するという法則です。

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、これも波長同通の法則を表したものです。

あの世の世界は霊界とも言われますが、霊界では波長同通の法則のもと、自分と似たような人々が集落のようなものを作って生活しています。

周りには、自分と同じような思いを持った人たちしかいないので、ケンカや争いをするようなこともなく、仲良く暮らしています。

ただし、自分と同じような考えを持つ人ばかりの環境では、安定はしているかもしれませんが、成長や進化を望めません。

よりいっそう魂を成長させるには、あらゆる魂が玉石混交で生まれてくる地上に生まれて、様々な経験を積むことが大変大きな意味を持っているのです。

あの世では経験できないことが、肉体を持っているおかげで経験可能となるのです。あの世では決して出会えないような人と出会い、ともに成長していける。

それがこの世の存在している意味であり、その意味で、この世とは魂の修行場であるのです。

タイトルとURLをコピーしました