大宇宙を創造された神の名前とは

神は愛のエネルギー

この宇宙をつくられた神の存在

この宇宙がつくられた最初のきっかけは何だったのでしょうか。

それははるか遠い昔のことです。

宇宙をつくりたい」という神の思いが最初の始まりでした。

私たちがこれまで神と呼んできた対象は様々ではないでしょうか。

各宗教における神や神社に祀られている存在など、様々な存在を神と呼んできたかもしれません。

しかし、この宇宙をつくられた創造主、根源の神は一つであります。

それが「オーム」と呼ばれる存在です。

オームとは「破壊し、創造するもの」という意味だと言われています。

宇宙の根源神であるオーム神霊

オームは「オーム神霊」や「オーム大霊」とも呼ばれ、この宇宙を創造された根源神です。

この宇宙に存在するあるゆるものの命の源はオームであります。

オーム神霊とは、愛のエネルギーそのものです。

この宇宙に存在しているあらゆるものがオーム神霊の愛のエネルギーによって生み出され、生かされ、育まれています

宇宙のすべてはオーム神霊の愛のエネルギーにより生かされている

愛のエネルギーは私たちの目には見ることができません。

それは目には見えないものですが、確かに存在していて、この全宇宙を血液のようにめぐっています。

その愛のエネルギーがなければ、この宇宙に存在しているものは生きていくことができません

私たち人間は酸素がなければ生きていくことができませんが、この愛のエネルギーがなかったら、やはり生きていくことができないのです。

宇宙に存在しているあらゆる銀河や恒星、惑星をはじめ、その惑星の中で生きている私たち人間や動物、植物など、すべてのものがオーム神霊により愛されています。

神に愛されていないものなど存在していません。

すべての命あるものがオーム神霊の愛により生かされ、育まれているのです。

この宇宙はオーム神霊の肉体

私たち人間の本来の姿は魂という愛のエネルギー体であり、それはオーム神霊より分かれてきたものです。

実は人間の「肉体」に相当するものがオーム神霊にもあるのです。

それがこの大宇宙なのです。

私たちの目に見えるこの宇宙はオーム神霊の身体です。

果てしないほど巨大な宇宙ですから、私たちがその全体を捉えることはとても難しいものがありますが、宇宙というのは私たち人間の身体に似ていると言われております。

そこには頭や胴体、心臓や腕、足といった部分に相当するものがあり、たとえるならば、「風の谷のナウシカ」に出てくる巨神兵のような姿をしていると言われております。

オーム神霊の肉体というものがこの宇宙であり、その姿をもとにして、私たち人間の身体の形もつくられたのです。

宇宙の神は一つであり、愛のエネルギーそのもの

この宇宙というのは偶然に生まれてきたものではありません。

すべての存在が宇宙の根源神であるオーム神霊の思いが最初のきっかけとなり生み出され、愛されている神の子どもたちであります。

この宇宙の神は一つであり、その神とは愛のエネルギーそのものです。

すべてはその愛のエネルギーから分化し、生かされ、育まれている存在なのです。

▼宇宙の根源神より語られる神の愛と創造原理
『オーム神霊』愛する地球の子どもたちへ(アマーリエ)

▼「大宇宙を創造された神の名前とは」の音声配信はこちら

大宇宙を創造された神の名前とは - ヒカリのトビラジオ | stand.fm
この大宇宙をつくられた神の名前を知っていますか。創造主であり、宇宙の根源神である「オーム神霊」について語ります。 ▼大宇宙を創造された神の名前とは ▽X ▽Bl...