死の恐怖はどうすれば克服できるのか

永遠の魂

死ぬことが怖い

あなたは死ぬことが怖いですか」と質問されたら、何と答えますか。

おそらく多くの人たちが多かれ少なかれ「怖い」と答えるのではないでしょうか。

人間は生きている限り、致死率は100%ですよね。

誰もがいつかは必ず死を迎えることになりますし、それを逃れるすべはありません。

死の恐怖はどこからやって来るのか

死に対する恐怖がどこからやって来るのかと考えてみると、死が未知なるものだからではないでしょうか。

それは一度も経験したことがないことであり、経験したときにはすでにもう死んでしまっているという状態にならざるを得ないわけです。

そうなると、事前情報もないまま、いきなり死と向き合わないといけなくなるわけで、死んだらどうなるのかという不安はそう簡単に解消できるものではありません。

死んだら人はどうなるのかを知ることの大切さ

しかしながら、逆に言うと、人は死んだらどうなるのかということを理解しておけば、その不安はだいぶ減るのではないかと私は考えています。

それは私たち人間が本質的にどのような存在なのかを知るということでもあります。

実際、私自身、死ぬことへの恐怖や不安は今では全くありません。

もし、今これを読んでいるあなたが死への恐怖を抱えているのであれば、今回の内容が少しでもその恐怖を取り除くきっかけになれれば嬉しいです。

死とは肉体を脱いであの世へ帰ること

死というのは何でしょう?

それは一言で言えば、この肉体を脱ぎ捨てて、目には見えないあの世の世界へ帰っていくことです。

「えっ、でも、この身体がなくなったら自分は消えてしまうんじゃないの?」

そう思った人もいるかもしれません。

死を迎えたら、見たり、聞いたり、匂いをかいだり、歩いたり、走ったりしている自分という存在が消え去ってしまう。

また「死んでしまえば何の意識もなくなり、無意識の中で真っ暗闇になるのではないか」と思っている人もいるかもしれません。

でも、実際はそうではありません。

皆さんの身体の中に、本当の自分自身が入っているのです。

それが「」と言われるものです。

つまり、死というのは本当のあなた自身である魂が肉体の身体から完全に離れて、魂の世界へ帰っていくことなのです。

自分自身という存在が消えて無になってしまうようなことは決してありません。

魂としての感覚

「肉体の身体から魂が離れるとどうなるのか」と疑問に思う人もいるかもしれません。

「何か痛みを伴うのではないか」と思う人も中にはいるかもしれません。

実は、私たちは毎日、身体から魂が離れるという経験をしているのです。

それは睡眠です。

私たちは眠っているときに身体を抜け出し、あの世に帰って魂のエネルギー補給をしています

睡眠中に見ている夢というのは、あの世に戻って見ている景色やそこでの経験なのです。

皆さんそれぞれ、夢の中での感覚を思い出してみてください。

それが魂としての感覚であり、あの世の感覚です

この世で生きている人は、肉体の身体と魂が霊子線、シルバーコードというものでつながっていますので、身体から抜け出してもそれを辿って身体に戻ってこられます。

その点で言うと、死とは霊子線が切れて魂が肉体から完全に離れてあの世へ帰ることだとも言えます。

魂とは何なのか

では、魂とは何なのでしょうか。

それは愛のエネルギー体であり、私たちの存在そのものです。

魂というものを視覚的に言うのであれば、それは丸い光そのものです。

分かりやすく言えば、空に浮かんでいる太陽を思い浮かべてみてください。

温かな光を放ち、丸く光り輝いている太陽の姿がそこにありますよね。

魂はあの太陽と同じように丸く光り輝いているものです。

それが私たち自身の本当の姿であり、身体の中に宿っているものなのです。

魂の思いが波動として発せられている

魂は思うことや考えることもできれば、見たり、聞いたり、感じることもできますし、他の魂と会話をすることもできます

肉体の身体を持っているときには、自分が何を思っているのかは言葉にして口から話さないと相手に伝わらないことがほとんどですよね。

しかし、魂だけの状態になると、自分の思いが波動として周りに常に発せられているので、自分が何を考えているかはすべて分かってしまいます。

隠し事などは何もできませんし、もう心が丸裸で隠せるものが何もないという状態なのです。

魂はどんなことも思うことができ、その自由が保証されていますが、その自由意志により生じた結果は自らが引き受けなければいけません

それが魂の決まりであります。

魂は永遠の時間を生きている

魂は肉体の身体と違って寿命がありません

何歳までしか生きられないということがないのです。

この世で生きていると毎年誕生日がやって来て、一歳ずつ年齢を重ねていき、いずれ寿命になると人は亡くなります。

しかし、魂は死にません。

二百歳でも三百歳でも、あの世に帰ってからも生き通しです。

魂が生み出された時期やタイミングはもちろん人によって異なりますが、そのときからカウントしていけば、それぞれが何万歳、何億歳、それ以上という時をあの世で生きているのです。

それを一言で言えば、魂には永遠の命が与えられているということなのです。

その永遠の時の流れの中で、あの世からこの世へ生まれてきて、いっとき肉体を持ち、一生を終えればまたあの世へ帰っていくということを私たちは繰り返しているのです

大切な人と死に別れても必ずまた再会できる

死に対する恐怖の一つとして、家族や友人、知人など大切な人に会えなくなることを挙げる人もいます。

大切な人たちとの別れというのは本当に悲しいものですよね。

その人たちと会えなくなる別れの寂しさに襲われることもあるかもしれませんが、また会えるのです。

それは思い出の中で会えるということでは決してなくて、実際にまた会えるのです。

もうすでに自分より先に亡くなっている人たちであれば、あの世で生きていますので、自分があの世に帰ればそこで再び会えます

また、この世に残していく家族や子どもがいたとしても、その人たちもいずれ寿命を終えてあの世に帰ってきますから、そのときにまた会うことができます

つまり、永遠の別れではないということです。

いっとき離ればなれになって寂しいかもしれませんが、また再会できるときがやって来ます。

今世でやり残したことがあってもまた来世がある

また、まだまだやりたいことがあるという人にとっても死は恐怖に感じるかもしれません。

もし死んでしまえば、自分の願いや夢がもう叶えられないと悲観的に落ち込んでしまうという人もいると思います。

しかし、そういう人に私がお伝えしたいのは「また生まれてくればいいじゃないですか」ということです。

今回の今の人生は確かに一度きりかもしれませんが、たとえ今回やり切れなかったことや後悔があったとしても、また次の人生、来世で改めて挑戦すればよいのです。

夢の続きがあるならば、また次に地上に生まれてきたときに一生懸命に取り組めばよいのです。

そのように、何度でもこの世に生まれてきて、新たな人生を生きていくチャンスが私たちには与えられています

今の人生で寿命が残り少なくなっても、やり残したことや後悔に必要以上に執着し過ぎないことです。

死んだらすべて終わりだと思うから、必要以上に強く握りしめてしまうのです。

死とは何かを知るすることで恐怖は乗り越えられる

死というのは、本当のあなた自身である魂が肉体の身体を完全に離れて、あの世の世界へと帰っていくことです。

あなたの存在が無になることでもなく、無意識の暗闇が続くようなことでもありません。

魂とは永遠の命を与えられている愛のエネルギー体であり、私たちの存在そのものです。

死んだら人はどうなるのかを知り、理解することで、その恐怖や不安はなくなっていきます。

死に対する恐怖を抱えている人がこれを読み、一人でも多くの人がそれを知り、その恐怖を克服して生きていけることを願って。

X(Twitter) piarocky1

Instagram piarocky1