「悟り」とは何か?~悟りの真実~

Q&A

「悟り」とは何か?~悟りの真実~

質問:悟りとは何でしょうか。また、どうすれば悟りに達することができるのでしょうか。

答え:悟りとは、一言で言うならば、神理を学んで、それを実践を通して体験的に魂で理解を深めていくことです。

ただ、頭で学ぶだけでは悟りとは言えません。いくら神理の知識を頭に詰め込んでも、それで悟れるものではなくて、体験や経験を通して実践的に神理を腑に落としていく。魂で深く理解して、体得していくものであります。それが悟りというものです。

表面的に神理を知って学んだだけでは何の意味もないのであって、それを私たちは日常生活や人生の様々な体験を通して魂に深く刻み込んでいるということなのです。

つまり、神理を生きる。法を生きるということ。具体的な人生の一コマ一コマを通して、学んだ神理を生きていく。その過程を通して、悟りというものは進んでいきます。

そして、最終的には宇宙の神の悟りにまで達していく。それまでには遥かな時間とステップというものがありますけれども、神の子として生み出された私たち一人ひとりが神のもとへ帰っていく。悟りというのはそのプロセスでもあるのです。

このブログのキャッチコピーに、「神理を学び、愛を実践し、光輝く幸せな人生を」と書かせていただいているんですけれども、まさにこの通りであります。

神理を学ぶこと、知ることが最初に大切なことです。そして、それを学んだら、今度は実践する。神理というのは、究極的には「愛」に尽きるのであって、その実践を経ることで本当の意味で理解していくことができるものなのです。

実際に神理を生きることで、神の子である私たちは幸せになっていくことができます。それぞれが神から分け与えられた素晴らしい光を発して、輝いていくようになるのです。

難しいことをたくさん知っていることが悟りなのではないのです。神理というのは決して難しいものではなく、宇宙の根本にして、とてもシンプルなものです。それを魂で感じ取り、表現をしていく。

悟りというのはいたずらに苦しいものではなくて、幸せになっていくものであるということ。神の子として幸せになっていく道そのものが悟りであるということです。

タイトルとURLをコピーしました