龍神の役割とその役目とは?

神の子

龍神の役割とその役目とは?

みなさんは龍神について聞いたことがあるでしょうか。

アニメのドラゴンボールなどでも龍が出てきますけど、あのような動物が実際に存在しているのでしょうか。もし存在しているとすれば、どのような存在で、どんな役割をしているのか。

今回はそのような龍神の存在と役割についてお話してみたいと思います。

龍神は想像上の存在ではない

龍というのは伝説や想像上の動物だと思っている人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。

現在の文明では地上に生まれることはありませんが、過去の文明では地上に生まれて、生きていたことがあるとも言われております。

この宇宙においては、地球だけに生命体がいるわけではなく、他の惑星にももちろん様々な生命体が存在しています。

ヒューマノイド型と言って、人間の形をしている人たちもいますが、中には全く私たちと異なる姿形をしている人たちもいるのです。

星によっては人ではなく、龍が生まれる惑星もあると言われていて、そこでは魂が宿り、龍の姿形で生まれるわけです。

姿形は違っても、みんなすべてが神の愛のエネルギーから分かれて生み出された神の子であることに変わりはありません。

霊界の次元の壁を越えて移動できる存在

龍神たちは、あの世、地球の霊界において次元の壁を越えて移動できる存在です。

あの世では、原則、下の次元から上の次元への移動はできないことになっていますが、龍神はそれをすることが可能なのです。

人が死んだ後、その魂が自らの次元の霊界に戻るときに、龍神がその魂を乗せて連れていってくれるのです。

ファンタジーの話に思えるかもしれませんが、実際、龍神はそのような役割を果たしています。

結界を張ることも龍神の役割

また、少し毛色の違う話にはなりますけど、「結界」というものがあります。

魔界の者たちからの攻撃を守るためのものですが、そのような結界を張るのも龍神たちの役割であります。

光の天使と呼ばれる、神のご計画の中で仕事を与えられている人たちが地上で神の仕事をするときに守っているのも龍神たちです。

つまり、龍神たちというのは、念の力が強いというふうにも言えます。結界というものは念の力で張るものです。

天候にも関わっている

またこの他、龍神たちは天候にも関わっております。特に大雨や台風などは浄化という意味合いも込めて、龍神たちの力によってそのようなものが起こされていることもあります。

このように、龍神というのは目には見えませんが、実際に存在しております。そして様々な役割を果たしながら生きているのです。

タイトルとURLをコピーしました