菩薩とは?【菩薩界の三つのルール】

この世とあの世

菩薩とは?【菩薩界の三つのルール】

霊界は波動の精妙さによって各次元に分かれています。その中で七次元と呼ばれる世界があり、そこは菩薩界と言われています。

そこにはだいたい二万人くらいの人が住んでおり、常時何百人かの菩薩が地上に生まれてきて、各国、各分野で活躍をして、人々を指導していると言われています。

菩薩としてよく引き合いに出されるのはマザーテレサやナイチンゲールなどです。あのように人々の幸せのために自らの人生を捧げ尽くす姿を見れば、菩薩とはどのような存在なのかが感じ取れるのではないでしょうか。

天上界にある菩薩界を地上に建設するという計画もあると言われていますが、菩薩界にはどのようなルールがあるのでしょうか。菩薩としての役割や心構えとして以下の三つがあるようです。

常に自分を磨く姿勢

まず一つ目は、常に自分を磨くという姿勢です。自分に厳しく、ストイックであることは菩薩としての必須条件です。自分に甘く、他人に厳しいという菩薩はおりません。みんな一様に進化成長していくことを喜びとしています。

他者の幸せのために人生を捧げる

そして二つ目は、いかに他の人々の幸福のために生きることができるか。どうすれば自分の人生を他者の幸せのために捧げていくことができるか。そういったことを常に考えて行動しているのが菩薩なのです。

法を広めること

最後の三つ目は、神の使い、神の補助者としての仕事を自覚していることです。七次元の上の八次元は如来界、九次元は救世主界と言われますが、そのような如来や救世主が地上に生まれたときに助け、サポートするのが仕事です。

菩薩はまだ法を説くことはできません。法とは、大宇宙を貫いている法則で、神理とも言われます。如来や救世主が説く法を助け、広めるのが菩薩の役割なのです。

菩薩として人生を生きる

以上、菩薩の役割や条件についてお話いたしました。

この三つのことが当たり前にできるのが菩薩界の住人なのです。

タイトルとURLをコピーしました