人生がつらいときに思い出すべきこと【苦難や困難の中に人生のヒントあり】

人生の悩み

人生がつらいときに思い出すべきこと【苦難や困難の中に人生のヒントあり】

生きていると、色々な苦難や困難が目の前に現れてきます。

たとえば、人間関係がうまくいかない。なぜか分からないけれども、周りの人がすべて敵対してくる。コミュニケーションがうまく取れない。仲良くやっていきたいのにケンカばかりしてしまう。

そして、どうして自分がこんな目に遭わなければいけないのかというような事態が降りかかってくる。

普通に考えれば、そのようなものは起きないでほしいと思うのが人間心ではないでしょうか。

でも、それらは決して人生の途上で偶然に起きているのではなく、自分の魂の修行にとって必要なことであることが多いのです。

困難は自分の足らざるところを教えてくれている

その困難というものが自分の足らざるところ、欠けている部分を教えてくれていて、そのような修行がまだ自分には残っているということを物語っているのです。

これはある意味で絶好のチャンスなのです。

「ピンチはチャンス」という言葉もありますけれども、まさにその通りで、飛躍のチャンスがやって来たと捉えるべきなのです。

そのために、そのような困難や苦難がやってきたときには、そこから自らの足らざるところが何なのかを発見しなければいけません。

それが発見できない限り、何度も同じようなシチュエーションが起こってきて、自覚を促されることになります。人間関係がうまくいかないからといってそこから逃げ出したとしても、またいずれ同じような状況がやってきて、そこに向き合わなければならないことになるのです。

自分の魂にとって足らざる部分を埋めるために苦難や困難というものがあり、その中に人生のヒント、飛躍のヒントというものが隠されています。

それを見つけて、魂の飛躍をとげること。そのためのチャンスがやって来たんだと思って、取り組んでしまうことをオススメいたします。

タイトルとURLをコピーしました