この世での反省の重要性とは?

この世とあの世

この世での反省の重要性とは?

私たちは完璧な存在ではないので、日頃生きていると、愛の方向から反した思いを持ったり、行動をしたりすることもあります。

たとえば、誰かを憎んだり、傷つけたりしたときに、それがすべてを生かし、赦そうとする愛の思いの方向からそれていることに気づかず反省ができないと、魂としては借金を背負っていくことになります。

地上にいるときに反省をするのと、あの世に帰ってから反省するのでは全くその意味が違ってきます。

肉体の意識にありながら自らの過ちに気づき、反省ができた人はそれだけ早く魂の軌道修正ができ、早く立ち直ることができるのです。間違いを神に詫び、反省することで、神からの光が差してきます。

私たちは肉体が死んでも死ぬことなく、永遠に生き続けていくのだから、あの世に帰ってからまとめて反省すればよいのでは、と思う人もいるかもしれませんが、悪いことをしたときから、言ってみれば、魂の借金のローンが始まります。

そして金利がどんどんかさんでいき、雪だるま式に何倍にも膨れ上がり、借金が返せなくなってしまうのです。

もしこの世ですぐに反省をしていれば、借金なしで済んだものの、放っておくと死後にはもうなかなか返せません。

あの世に帰れば、誰もがそれぞれの魂に応じたところに落ち着いているので、謝りたい相手がそこにいるとは限りません。

あの世は思いのエネルギーの世界であるので、自分と似たような波長を持った人ばかりが周りにいて、それ以外の人たちとはなかなか交渉というものがなくなっていきます。

ですから、この三次元の世界で生きている間に、自らの思いと行いの点検をし、他の人々に見られたときに恥ずかしくない人間として生きているか。もし愛の方向に反したことがあったのならば反省をして、魂の借金を返しておくことが非常に大切なことです。

タイトルとURLをコピーしました