オリオンと呼ばれる緑の惑星 1

大宇宙

オリオン星雲にある緑の星

これまでの地球への大規模な移住の中で、オリオン星雲にある星から約10億人が地球にやって来ました。

それは今から約二億七千万年前のことでした。

オリオン星雲にはとても多くの星が集まっているのですが、今回はその一つの星についてお話してみたいと思います。

宇宙の星々に植物を運んでいる

便宜上、オリオンと呼びますが、その星はとても緑が多く、大自然の調和のエネルギーを取り入れた惑星です。

地球は青い惑星ですが、オリオンは緑の惑星です。宇宙の星々に、植物や植物の種を運んでいる星であります。

植物の意味とは何だと思いますか。

植物がたくさん生い茂ることによって、酸素が生み出されますよね。

そして、酸素があることによって、生き物たちは生きていくことができるわけです。植物であれば成長し、種子を残し、枯れていく。そしてまた新たな芽が出てくる。

つまり、酸素が生み出されることで、自然界に循環が生まれるのです。そうすると、その惑星が安定してきます。

植物が自然界の循環を生み出し、惑星としての安定をもたらすということなのです。

宇宙の様々な星に移住し、惑星の進化に貢献している

オリオンという惑星は、多くの指導者がいる星でもあります。

神の奉仕のプロジェクトのようなものを組んで、宇宙の様々な星々に移住していき、その星の進化発展に貢献する活動をしています。

そして、その星に移住していった仲間たちがどのような活動をしているのか、調査しにやってきて、母星に報告する役割を持っているような人もおります。

街にも使命や役割がある

オリオンの住居というものも地球とはだいぶ異なっているようです。

オリオンでは、その家を通して、宇宙の根源のエネルギーを取り込めるようなつくりになっていると言われています。

東京などの大都市のように密集して人が住んでいるというわけではなく、一軒一軒の家の間も離れていて、ゆったりとしています。

街を作るにしても、全体の調和を考えて、その街の使命や役割に合わせて作られます。街自体に使命や役割があるのです。

地球で言うところの、田園風景のような、のどかな感じと言えるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました