自分のしたことは自分に返ってくるとは本当なのか?

幸せになる生き方

何を思うのも何をするのも自由である

私たちは心にどんな思いを持つのも、実際にどんな行いをするのも自由です。

何を思っても、心の中というのは誰からも干渉されず、侵害されるようなことは決してありません。

そして、それは思うだけではなく、行いも同様です。

何をするにしても、たとえ色々なしがらみはあったとしても、それをやるやらないの選択権は自分にあり、誰もそれを侵すことはできません。

自分が思ったことや行ったことの結果は自ら引き受けることになる

ただ、思いや行いによって生じる結果は、良いことであれ悪いことであれ、自ら引き受けなければなりません。

たとえば、誰か気に入らない人がいて、嫌がらせをしてやろうと思い、悪口を言ったり、ありもしない噂を周りに言いふらすとします。

そうすると、どうなるでしょうか。

その相手は不幸せになるわけですよね。心が傷ついたり、周囲から誤解された目で見られて、評判というものも落ちていくでしょう。

嫌がらせをした方としては、してやったりということで、気分もよく、「ざまあみろ」という感じになるわけです。いっとき爽快感を味わい、人を不幸にすることで、幸せを得たような気になるかもしれません。

自分のしたことは自分に返ってくるという法則

ところが、この宇宙の法則の中に、「自分のしたことは自分に返ってくる」というものがあります。

本当にシンプルで単純なものですが、この法則に例外というものはありません。

つまり、人を不幸にしたということは、そのまま自分がいずれ不幸を味わうことになるということなのです。

ブーメランというのは投げた後に自分のほうに戻ってきますが、まさにあれと同じです。人に向かって投げたブーメランによって、その結果自分が幸せにも不幸にもなる。それはすべて自分の手にかかっている。

人を幸せにするようなブーメランを投げれば、その幸せは自分に返ってくる。しかし、人を不幸にするブーメランを投げれば、その不幸が自分に戻ってくることになる。

起点はすべて自分自身なのです。

人を不幸にする思いや行いは、結局自らの幸せを壊すものとなる

たとえば、相手の悪口を言いふらせば、今度は自分が同じように悪口を言われることになる。変な噂を流されて、誤解されることになる。そして、心が傷つき、不幸になる。

人を不幸にする暗い思いや行いは、結局、自分の幸せを壊すものなのです。

あなたは不幸せになりたいですか?

不幸せになりたいという人はいないのではないでしょうか。

誰もが本当は幸せになりたいと願っているのではないでしょうか。

そうであるならば、自らの思いと行いを点検してみることです。それが誰かを不幸にするようなものではなく、幸せにするものであるかどうか。そして、もしそれが誰かを不幸にするようなものであれば、修正し、改めることです。

自分の思いや行いは死んで帳消しになることはない

自分の思いや行いの結果が今回の人生で返ってこないこともあります。

しかし、それは死んで帳消しになるということは全くありません。

自分さえよければいいというような、人を不幸せにする生き方をしていれば、その結果としてあの世で苦しむことになりますし、逆に人のために利他の思いで生きていた人は、神より多くの祝福を受けて、あの世で大きな幸せが返ってきます。

そして、今回の人生を踏まえて、また次に生まれてくるときの課題が決まることにもなります。今世における自分の思いや行いの結果が、また次の人生、来世につながっていくのです。そのように永遠に命は続いていきます。

その事実を知ったのであれば、不幸の種ではなく、幸せの種をまき続けること。明るい思いを持ち、人の幸せのために善き思いと行いをし続けること。

それこそが本当の意味で私たちが幸せになっていく道ではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました