神の子

善とは神の思いに沿って生きること

善は神の思いにかなっているかどうかという一点に尽きる 「善」というのは正しいことや道徳にかなっていることと言われますが、その判断基準はどこにあるのでしょ...
神の子

私たちの内側にはピュアな光しかない

ピュアであることの大切さ ピュアであるということは、どちらかと言うとネガティブな意味合いで取られることが今の世の中では多いかもしれません。 ピュア...
神の子

光の子どもたち

自分が今ここに存在しているということは考えてみたら本当に不思議なことです。どんな必然性があって自分は今存在しているのだろうと疑問に思うこともあると思います。実...
大宇宙

聖アントニウスとセレニティ

日々休むことなく地球に住む私たちに光を送ってくれている太陽。あの太陽の光のおかげで私たちは生きられているのではないでしょうか。 太陽のように自ら光を発す...
人生の悩み

人混みで疲れる理由とその効果的な対策

人混みでぐったり疲れてしまうのはなぜか 昔から人混みに入ると、とても疲れてしまい、ぐったりしてしまうことがよくありました。 「なんでだろう?」とよ...
この世とあの世

あの世の次元【九次元とはどんな世界か?】

あの世の次元【九次元とはどんな世界か?】 誰もが死ねば帰っていく世界。それがいわゆるあの世と呼ばれる世界ですが、あの世というのは、心の段階に応じてそれぞ...
人生の悩み

魂を解放する勇気を

心を押し殺し、窮屈に縮こまってきた人生 生きている中で、私たちは「これをしてはいけない」、「それはやめたほうがいい」と言われ続けてきました。誰かの意見に...
永遠の魂

魂の進化度合はその人が発する光の量で決まる

魂の進化は「光の量」で分かる 魂の進化というものは、どのように判断できるものなのでしょうか。 それは「光の量」だと言えます。 その人が発して...
魂の個性

魂の個性が光り輝くとき

人間の個性とは魂の個性 人間の個性というものは、それぞれの魂の個性です。 神の七色の光の中で、魂はいくつかの色を個性として持っていることが多いと言...
大宇宙

天の川銀河の使命

神のお体で心臓部分に当たるのが天の川銀河 大宇宙は神のお体だと言われます。 その中で、この地球が含まれている天の川銀河はどこに当たると思いますか。...
大宇宙

大宇宙は善悪二元論ではなく、光一元の世界

善悪二元論は宇宙では小学校レベルの段階 なぜ地球には善と悪というものがあるのでしょうか。 善悪二元論とも言われますけれども、それがまかり通るのは、...
魂の個性

神の光の七色の分光

神の光はどこから送られてくるのか 神の光というものはどこから送られてきているのでしょうか。 実は、それは太陽から送られてきています。水が高いところ...
大宇宙

大調和の心

神のお心の中にある大調和の原理 大宇宙の神のお心を想像されたことはありますか。 私たち一人ひとりの心の中に、大宇宙の神に通じる道があり、いつでも私...
永遠の魂

金色に光る玉【個人的な幽体離脱体験】

身体ではなく意識のほうが自分自身 私たちは普通に生きていると、自分の身体が自分自身だと思いがちです。 ところが、実際はそうではなくて、意識のほうが...
科学

太陽の光の粒子の正体とは何か

太陽の光の粒子の正体とは何か 太陽の光について不思議に思ったことはありませんか。 たとえば、太陽の光が窓ガラスを通り抜けて部屋に入ってくると、部屋...
人生の悩み

体調不良を改善するには?【心の曇りが原因】

体調不良を改善するには?【心の曇りが原因】 「いつも体の調子が悪い。体が冷たいし、なんか体が重くてだるい。何かいつも調子が悪い」と感じている人がけっこう...
神の子

霊と物質の根本的な素材は同じもの

霊と物質は全く異なるもののように思えますが、実はそうではなく、どちらも同じ素材から成り立っています。 その素材とは、神の光の粒子です。光の粒子が集まったり、離...
幸せになる生き方

メンタルが弱いという人へ【メンタルを強くする方法】

メンタルが弱いという人へ【メンタルを強くする方法】 メンタル面での弱さをいかに克服するか。これについて悩んでいるという人はけっこう多いんじゃないでしょう...
魂の個性

魂の個性は神の光の七色から成っている

それぞれの魂には固有の個性がある 最初に少し個人的な話から始めたいと思いますが、先日、ある夢を見ました。 もう何年も前に亡くなった知り合いのAさん...
魂の個性

人の個性は七つの色の光のブレンドで成り立っている

人の個性は七つの色の光のブレンドで成り立っている 「あなたの個性を教えてください」と言われたら、どのように答えますか。 「明るい」、「真面目」、「...
タイトルとURLをコピーしました