こだわりを捨てる

幸せになる生き方

「自分にはこだわりがある」と言う人がいます。

こだわりというのは、執着のことです。

執着とは、掴んでしまって離すことができないものです。

私たちは本質的に、愛を循環させていく通路のような存在です。

執着があると、愛は流れていきません。執着とは、その通路の途中で流れを妨げている石のようなものですから、そこで愛が止まってしまうのです。

愛は自分のもとに留めておくものではありません。他人から受けた愛というものがあるならば、感謝をしながら今度はそれを別の人に送り出していくのです。

なぜなら、愛はもともとこの大宇宙を循環しているものだからです。

自分が受けた愛に対して、見返りを求めることなく、無心に別の誰かに送り出していく。そこに自らを利したいという思い(=エゴ)があれば、そのときには愛は死んでしまいます。

なぜなら、愛の循環とは無私なる思いによって行われているからです。

言いかえれば、利他の心によって愛というものは循環しているのです。

こだわりや執着というのは、利他の思いとは正反対のものですから、それがあるとそこで愛が止まってしまいます。

自らが愛の通路となり、愛の循環を実感するとき、人は本当の幸せを感じられるのです。

タイトルとURLをコピーしました